2008年08月17日

千原トーク

昨日、『千原トーク』のDVDを見ました。

最近は、ジュニアがとても気になる存在。
発言が、一つ一つツボをついてくる。

昨日見ていて気が付いたこと。

 ・ 基本、ジュニアは切れている。
 ・ 普段感じていることを話すことがネタとなっている。

ホント、ずーっと切れてた(笑)
でも、それは、ジュニアが『当たり前の感情』を大切にしているから、切れているようにも思う。

つまり、普通は(というか、私だったら)、まあしょうがないか、と思って流してしまうような所を、ジュニアは流さないので「何でじゃコラー」と切れる。

ワガママと見る人もいるかもしれないけど、それが受ける、という事は、みんな共感しているからじゃないかな。
posted by Kurora at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会いデリヘル出会い系出会いクレジット 現金化
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。